お知らせ   

2010年 12月 23日

お久しぶりです!

寒暖の差が激しい今年の十二月です。
体調の管理は大丈夫ですか?

年末年始のお知らせです!

31日・1日・2日・3日です。

プライベートで何かと身体の酷使を・・・

暴飲暴食に注意してくださいね!

身体は警告を発しているのに・・・・

では、また。
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-12-23 12:29

十一月に入り・・・・   

2010年 11月 13日

ご無沙汰しております!

中国漁船衝突をめぐるビデオ映像流出事件等、世の中は大賑わいですが・・・
街路樹の葉も落ち始め、季節は確実に冬支度です。
朝晩の気温も下がり空気は乾燥してきました・・・
体調の管理は万全ですか?

疲労の蓄積は・・・
若い体は普通、一晩眠れば疲れはとれるはずです。ところが、睡眠をとっても疲れがとれず、
体が重く感じることも・・・
この倦怠感が慢性疲労と呼びます。このとき体内には乳酸が蓄積し酸性に傾いていて、新陳代謝も滞り老廃物が蓄積し疲労感が強く出てしまいます。
 
良いとされている日ごろの習慣が疲労の蓄積につながる場合も・・・
度が過ぎてませんか?

運動も例にもれずやり過ぎは禁物です。
関節や軟部組織を痛めてまで・・・・?

関節とは骨と骨の連結をいい、一般的には関節と言われているものは、滑膜関節をさします。
滑膜関節は二つの骨との間に隙間を持ち、そこは関節包(滑膜)という膜で遮断された空間、関節腔となっていて、その中は関節液(滑液)潤滑液で満たされ、滑膜で生成されています。
リウマチをはじめとする関節炎は、この滑膜で起こる病変で、関節液の中にある遺物を関節遊離体(関節ねずみ)と呼ばれ、痛みや関節の動きを阻害します。

炎症は外部からの刺激に対し、組織が刺激を解消しようとする反応で、腫れ(腫脹)、赤み(発赤)、熱感、安静時の痛みの四つの特徴が兆候で、主に急性期で見られる反応で、安静、冷やす、圧迫、挙上するの四つが基本的対処法です・・・・・

何事も限度を・・・・
以外に間違った事の知識を知りe0059706_16211229.jpg、多大なストレスを与えているのかも。
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-11-13 16:24

十月に入り・・・・   

2010年 10月 02日

急に気温が下がりましたね!ご無沙汰しております。

体調の方はいかがですか?

十月を神無月(かんなづき)と言います。
これは十月に日本中の神様が、出雲の国(現在の島根県)に集まり会議を開き、他の国には神様が居なくなってしまうことからそう呼ばれてきたそうです。出雲の国は神在月と言うそうですが!

神様も旅行ですね! 旅行の秋。

天高く馬肥ゆる秋・・・

味覚の秋・・・

食欲の秋・・・

読書の秋・・・

春眠暁をおぼえず・・・

でっ。

えっ・・・・

肥満! メタボに。

メタボリックシンドロームとは、高血糖、高トリグリセライド(中性脂肪)、低HDLコレステロール、高血圧などの動脈硬化危険因子が、個人に集まった病態です。肥満が大きく関与しており、特に内臓脂肪の過剰な蓄積を改善することで、危険因子の全般的な改善につながります。

運動不足や過食により体脂肪が過剰に蓄積する場合、腹部の腸の周り(腸間膜)にある脂肪組織(内臓脂肪)の脂肪細胞の一つひとつが大きくなって脂肪を貯め込みます。
肥大した脂肪細胞からは、不都合なホルモン(生理活性物質)の分泌が増加する反面、良いホルモンの分泌が減少し、その結果、高血糖、脂質異常、高血圧などの異常をもたらすことになり、それらは動脈硬化を進行させ脳卒中や心筋梗塞などのリスクを高めてしまいます。

内臓脂肪は腹部皮下脂肪や全身の体脂肪に比べて食事制限や運動により減少しやすい特徴を持っていますが、バランスのとれていない無謀な食事制限、急激な運動は禁物です!
逆に関節や筋肉に炎症をおこしたり、免疫力を低下させ体調を崩してしまいます!

相談してください。

でっ。うちの猫も・・・ダイエット?


e0059706_13401531.jpg
次回は関節や炎症について、ちょっと。
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-10-02 13:44

九月に入り・・・・・   

2010年 09月 09日

ご無沙汰しております!

九月に入っても猛暑の勢いおさまらず。
一時は天気予報を観るのもうんざりでしたね!

台風が去りようやく秋の気配を五感で感じることが。

季節は確実に変化を・・・・

季節だけではありません・・・・

人の体もです。

でっ。

今年の猛烈な暑さで感じたことです!
一個人の身体を調整し観察すると、各関節の可動域及び筋肉緊張や柔軟性、また身体についた脂肪や運動神経 感覚神経伝達速度等、日々違うことにきずかされます。

この猛烈な気温の高さで生活活動量が減少し、それに伴い全身の筋力が低下している人が多いようです。
消費カロリーが摂取カロリーを上回り、皮下に脂肪を貯蔵させた身体に・・・・・

体重の変化はないのに筋量を減らした脂肪体質に・・・・・

そんな方々が多いように思われます。

これから活動しやすい季節になりますが、あわてないでください!!
いきなり運動したりとかは禁物です!かえって体調を崩したり、怪我をしたりしてしまいます。
まずは、生活活動量を増やすことから始めましょう。

運動ではなくとも、日常生活で活発に身体を動かすことによって健康の維持、増進は可能です。
普通、お勧めできる一日の生活活動量は、歩数にして8000歩から10000歩程度ですが、いきなり、
このような歩数を達成目標にしなくても、わずかでもできる範囲の量を増やすことから始めましょう。
歩数にこだわらなくとも、散歩、通勤による歩行、お掃除、庭仕事、洗車、物を運ぶ、子どもと遊ぶ等、毎日適度に行い活動量を増やしていくことです!無理は禁物です。


長いスパンでの身体の変調は日々の積み重ねによるものです!!
過敏になる必要はないのですが、自身の体調を日々のペースを極端に変えず観察することですが大切です。(以外にきずいてないことが多いのです)!



なんでも相談してください。
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-09-09 13:07

驚きました!   

2010年 08月 12日

こんにちは!ご無沙汰しています。

東京都と行き来し治療を始めて・・・・
感じたことが。

抗重力筋(重力に逆らい無意識に緊張している筋肉群)を含め、全身の筋力低下を
自覚できず、脊椎の側湾を呈している人たちが、栃木の方が圧倒的に多いように思われます。
考えられる一つの要因として、歩行不足が考えられます。
車社会、職場も含め生活環境に歩く習慣が都会に比べ、少ないのが仇に・・・・

加齢ともに、クッションの機能を失っていく椎間板!それに伴ない脊椎の変形をし神経を圧迫して症状としてあらわれてします。
高齢者、若い世代でも、全身の筋力、関節の変形等をおこしてる人たちは、歩行も含め普通の運動だけでも、各部に障害を引き起こしてしまいます!
個人差はありますが、段階があるのです。

なんとかしないと・・・・

なんでも相談ください。

でっ。
前回の変形性脊椎症で縄文人と江戸の人たちの違いについてのお話です・・・・

変形性脊椎症は先に述べた、老化に伴い椎間板がクッションの役目が減少し、背骨椎体に負担がかかり最終的には石灰化が進み、棘(きょく、要はとげ)のような骨の増殖が出現することです。
古代の人骨でも同様に見られ、時代によって変形性脊椎症の出現頻度には生活条件、環境の要因の違いをふまえ、時代間には大きな変化が・・・
縄文時代の人骨では明らかに程度の重い骨棘(こつきょく)骨の変形が、現代人われわれには見られない背骨に割合が高く、江戸時代の骨にはちょうど中間となっているデータがあります。
骨の変形頻度は、生活習慣、労働量の軽重の違いに考えられ、縄文時代には狩など生活を維持するのに相当の肉体労働量が必要だったことがうかがえます。
縄文時代から江戸時代にいたるまでの間に平均寿命は約十五歳から四十歳まで延びたというが、肉体労働量は少なくとも約十年分に相当するといいます。

現代われわれ日本人が・・・
突如、縄文時代にタイムスリップしたら?

生きていけないですねきっと・・・・

現代人は退化して・・・・

進化しているのですね・・・・
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-08-12 13:40

熱中症指数なんて。   

2010年 07月 23日

こんにちは!熱中症指数なんてあるんですね。知っていました?

しかし・・・・・・?
言うのやめました!言っても涼しくならないし。

今年は、ビヤガーデンが繁盛しているらしいですね。
夜中まで、30度を切らなければ、冷えたグラスにキンキンに・・・・

飲みたくなりました。


でっ。
今日は、古病理学と呼ばれる研究分野について。
古病理学とは、先人達が遺した、彼らの身体そのもの骨を研究体対象にし、病気そのものの調査をすることです。
発掘などで出土した古代人の骨には、健康や病気に関する兆候や痕跡が現れています。
人骨から病変を読み取り、想像もしていなかった過去の人たちの暮らし、健康、病気、精神、社会構造、文明までも明らかにする研究分野です。

でっ。
この研究で次回は、変形性脊椎症で縄文人と江戸の人たちの違いについてお話を・・・・
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-07-23 15:00

夏、本番!   

2010年 07月 20日

北海道を除き、全国すべてで梅雨明けとなりました。
明けた途端に、連日の猛暑です!
水難事故も多発する時期です。
直射日光を避け、水分補給を・・・

でっ。
今回は、熱中症のお話を。

熱中症(暑熱障害)!暑熱環境において生じる身体の適応障害をいいます。
近年、騒ぎ出した、地球温暖化に都市部でのヒートアイランド現象が加わって発生の増加が・・・
学校スポーツにおける死亡事故が問題となり(私たちの時代は水分補給もままならず)、スポーツ医学において最も取り上げられてきましたが、労働災害としての熱中症、あるいは高齢者での熱中症発生が多いことが認識されています。
人間の体温は視床下部にある体温の中枢によって一定に保たれるようにコントロールされていますが、高温・多湿の環境の中で水分の補給を行わず、長時間活動を続けると体温の上昇と脱水・循環不全を生じます。重症型では脳神経の障害、肝臓・腎臓等内臓の障害、血液凝固機能の障害、筋肉の融解が起こります。これは死亡率の高い極めて危険な病態です。
I度(軽症)、こむら返り(ふくらはぎや足の裏の筋肉などが突然けいれんを起こし、強い痛みを伴うこと)、または立ちくらみだけですが、スポーツの場で軽視し、学生が死亡に至った事例があります。この段階でも軽視することなく早急に対処しましょう。

私たちの時代は、水分補給もままならず、よく倒れなかったと関心しました・・・
陰で、みんな補給していたんだと思いますがね。
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-07-20 12:27

ギラギラした夏・・・・   

2010年 07月 10日

梅雨明けも、もうすぐですね!
燦々と照りつける夏の日差し、若き日々には待ち焦がれていた季節。
歳を重ねるたびに、寒さ同様、暑さにも、身体に辛くあたります。。。。
熱中症にご注意を!

でっ。
前回、お話した首の恐い話です。

頸椎症、頸椎椎間板ヘルニア等首の病名は、症状としは項頚部痛、上肢痛、上肢筋力低下、
上肢知覚障害などを呈します。
急性発症で急激な首の回旋、屈伸運動が原因で症状を。。。
蛍光灯を取換えようと、首を後ろに反っただけで症状を。
首のしっかりした、中年男性に多い、頚椎後縦靭帯骨化症、糖尿病と合併するケースも多い病気など、頸肩部の凝った感じや不快感、上肢(腕)のしびれ感、頭頸部を後ろに曲げたり、まわしたりできないことだけではなく、進行するにつれ手指の知覚障害、巧緻(こうち)運動障害(例えば字を書いたり、箸を使ったりする動作)、痙(けい)性歩行障害、膀胱・直腸障害(排尿遅延、残尿、失禁、便秘など)が。

首に強い刺激は・・・・
とても、恐いです。
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-07-10 12:44

お知らせです!   

2010年 07月 03日

こんにちは!
今年は昨年にくらべ、梅雨。。。てっ、感じがしませんか?
やはり、東京に住んでいた時の雷は、栃木に比べたら別格ですね。
心が躍る気分に・・・・

でっ。
お知らせです!
誠に勝手ながら、月曜日は東京で治療することになりました。
その為、月曜日はお休みになります!申し訳ございません。
私が東京で調整してきた患者さんには、筋バランスレベルの姿勢の歪みではなく、中枢神経障害!たとえば、脳梗塞、クモ膜下出血、頸椎、腰椎術後による後遺症で毎日でもリハが必要な人や骨盤形成不全、股関節、膝関節の手術を行い各関節の可動域不足、筋力低下を起こしてしまう患者さんも多くいました。
そういう患者さんは、やはり今の医療制度の治療では、フォローしてもらえないのが現実です!
そのことを患者さん自身もe0059706_13285760.jpg認識していますし・・・
寝たきりになり、介護期間を長くしてしまう・・・
ほっとけないですよね。。。。。

それなりに骨は変形していきます!でっ。次回は恐い首のお話を!
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-07-03 13:29

二か月経ちました。   

2010年 06月 26日

こんにちは!

東京の病院のリハビリから移り、こちらで調整するようになり早二ヶ月。

驚いたのは、若い世代に筋バランスによる骨格の歪みが多いのにビックリ!
以前から言われている、運動不足、成長期のダイエット、遺伝的体型、食の欧米化等の要因でだけではないようです。
二十歳を過ぎたら骨は変形していきます!家でいう壁にあた筋肉を意識して使うことにより、脳に覚えさせ、歪みを修正していくことができます。
歪みはすぐには直りません!脳に覚えさせることです!繰り返し・・・・

でっ。
本日は、変形性膝関節の原因について、ちょっと・・・・

変形性膝関節症の原因は、明確とはなっていません。
多くの危険因子が互いに影響して発症すると考えられ、五十歳で発症し六十五歳以上で急増すると言われています。
多くの要因が絡み合い膝関節への負担となり、膝の関節軟骨がすり減って発症します。
原因因子の特定できないもの(一次性変形性膝関節症)加齢、女性、筋肉の衰え、肥満、負担の大きいスポーツ習慣、O脚やへん平足、合わない靴、ハイヒール等です。
外傷や病気などの明確な原因があるもの(二次性変形性膝関節症)靭帯、半月板、軟骨の損傷、関節リウマチ、膝蓋骨脱臼等があります。

若いうちからの予防が大切です!

相談ください。
[PR]

# by Kinseidosatoueno | 2010-06-26 17:44